上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


若干の配線加工を行ったユニットを虫家にはめ込みます。形が同じですのでポン付けです。コネクタを制御基盤へはめ込み動作試験です。

DSC_5880.jpg

これで直らなかったら制御板の故障です。
20℃設定で稼動させます。中のヒートシンクを触ると冷たいです。ですが、なかなか温度が下がりません・・・ペルチェは時間が掛かります。
ようやく庫内温度が1℃づつ下がり始めました。20℃設定で庫内温度20℃になりました。


DSC_5881.jpg

今回は中のヒートシンクを虫家の物ではなく、このユニットに付いていた物にしてみました。
なぜかと言いますとヒートシンクの取り付け穴が5箇所あるのですが、虫家のヒートシンクでは真ん中の1本しか螺子止めできず密着度に疑問があったからです。
本来のヒートシンクを取り付けることで5本の螺子で密着度もばっちり?です。密着部分にはCPUグリスを塗り熱伝導を高めます。


DSC_5882.jpg

最後に問題になるのが、ファンの取り付けです。
形状が全く変わる為に元からのステーやファンカバーは付けられません。
ですので、画像の様に家にあったステーを利用してサイドからヒートシンクに沿い風を当てることにしました。
ヒートシンクのフィンが横になるのは大目に見てください。

あとは結露での水滴がうまく受け皿に溜まってくれるのを祈るばかりです。
まぁ不恰好ですが修理完了と言う事で終わりにします。
スポンサーサイト

My HomePage
Wellcom to





ボタンをクリックするとホームページへ移動します。
リンク
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
有難う御座います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。